Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/digick.jp-kumai/web/blog/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/digick.jp-kumai/web/blog/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/digick.jp-kumai/web/blog/class/View.php:25) in /home/users/1/digick.jp-kumai/web/blog/class/View.php on line 81
耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科 医療法人社団くまいクリニック・ブログ
耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科 医療法人社団くまいクリニック
鼻副鼻腔炎
30年以上前の日本では黄色から緑黄色の鼻汁が出る副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)が主流でした。その原因は周囲の衛生環境などいろいろ言われていますが、確かなことは不明です。いまでも上気道炎(いわゆる風邪)がひどくなり黄色の鼻汁が出てくる急性の副鼻腔炎や、慢性化した慢性副鼻腔炎も見ることがあります。副鼻腔炎の発症は鼻の中の解剖学的特徴によるといわれています。鼻の中には上、中、下甲介という粘膜を被ったでっぱりがあり、その隙間に副鼻腔である上顎洞、前頭洞、篩骨洞、蝶形骨洞などと通じる細い穴がつながっています。昔は細菌感染によって、今ではアレルギー反応によって鼻の粘膜が腫れ、副鼻腔とつながる穴を閉じてしまいます。すると副鼻腔内の粘液が鼻腔からのどへ排泄されず、細菌感染が起き易くなります。一度感染を起こすと、空気と触れる機会も少ないので特殊な細菌が増えて、長引かせる原因となります。副鼻腔からの排泄経路が回復しなければ、副鼻腔炎も治りません。ヒトには外から侵入してきたものに対して身体を守る効果的な方法として免疫が備わっています。その一端を担っているのはリンパ系の組織です。感染を起こしたことのある鼻や副鼻腔の粘膜にもリンパ性組織の増生が目立ってきます。この頃は、鼻アレルギーから2次的に副鼻腔炎が起こることが多いようです。治療にあたり、従来のように炎症を治すことばかりを考えるのではなく、鼻アレルギーの治療を併用しながら副鼻腔炎も治そうとしたほうがよいでしょう。したがって、鼻アレルギーだからといって漫然と薬をのんでいるのではなく、きちんと鼻の中や、副鼻腔を観察しながらの治療を受けるようにしましょう。原因菌に有効な抗生物質、粘膜酵素剤、鼻処置後の鼻ネブライザーなどの保存的治療で改善しないときは、鼻内内視鏡下副鼻腔手術を行ないます。時には口腔前庭よりのアプローチが必要になります。
固定リンク | trackbacks(0)
<<鼻茸(鼻ポリープ) | 花粉症 >>
ページトップへ