耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科 医療法人社団くまいクリニック
花粉症がやってくる
北海道にもいよいよ花粉症がやってきます。このところテレビ、ラジオ、週刊誌で花粉症が取りざたされているのは、すでに本州では社会問題までなっているスギ花粉症が始まっているからです。今年はスギ花粉が大量に飛散するようです。大体シラカンバの花粉もスギと同じような傾向を毎年示しますので、今年は多いかも知れません。前にも述べましたが、我々の研究結果から北海道では雪解けを待つかのように大体4月下旬からシラカンバ花粉症が始まります。雪解け宣言日(長期積雪最終日)以降にシラカンバ花粉の飛散することがわかっていますので、春の花粉症を経験している患者さんには雪がまだ残っているうちに、予防治療のために来ていただくようにいつもお話ししています。実際にはこの季節になると花粉症の患者さんの鼻粘膜が敏感になってきますので、3月中旬または下旬頃から寒暖の差だけでも症状(くしゃみ、鼻水、鼻つまり)が起こり始めます。花粉飛散前の治療は、抗アレルギー剤を根雪がとける2または4週間前から投与する薬物治療が主です。これで約70%の患者さんの花粉飛散季節中の臨床症状が軽減できることが、我々の研究で解かっています。前回お話しましたように、私の外来ではCO2LASER による鼻粘膜の手術を行なっています。LASER を用いた花粉症の季節前治療を希望の方は、手術後の粘膜がおちつくまでに2から4週間かかりますので、早めに御相談下さい。雪がとけ花粉が飛びだしたら、眼鏡、マスク(花粉用マスクなど)を装用して、眼・鼻に入る花粉を出きるだけ避けることに努力して、専門医による適切な治療で花粉飛散の時期を乗り切っていただきます。抗アレルギー薬を中心にした花粉症の季節前治療はかなり効果があります。季節前からの治療で、できるだけ楽に花粉飛散時期を過ごせたらと思います。まだ間に合いますので、忘れていた方もできるだけ早くいらして下さい。ひとりでも多くの患者さんが花粉飛散の季節を最小限の治療で健やかに過ごすことができるようにお手伝いするのが私の使命です。
固定リンク | trackbacks(0)
<<花粉症真盛り | 花粉症真盛りの5月 >>
ページトップへ