耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科 医療法人社団くまいクリニック
花粉症の季節がすぐそこに
気温がプラスになり、雪が解けだしてくると、そろそろ北海道も春の花粉症が始まってきます。花粉症というのは、花粉がアレルギー反応の原因となり、鼻や眼、のどに、イムノグロブリンE(Ig.E:免疫グロブリンの一種)を介したアレルギー反応を起こすことをいいます。鼻で言えば、花粉が原因の鼻アレルギー(アレルギー性鼻炎)で、眼のかゆみやのどのイガイガ感を伴ったものです。春の花粉症の代表は、本州ではスギ花粉症が有名ですが、北海道の大部分では、シラカンバの花粉によるものです。年々患者数が増加傾向にあり、1980年代からの我々の研究結果から、北海道、特に旭川周辺では雪解け宣言日以降の4月下旬からシラカンバ花粉の飛散が始ま ります。


気これまでの結果から、今年のようにスギ花粉の飛散が多い年は、シラカンバも多いので油断はできません。患者さんには、雪がまだ残っているうちに、予防治療のために来ていただくように例年お話ししています。この季節になると、花粉症を含めた鼻アレルギーの患者さんの鼻粘膜は、かなり敏感になってきます。そのため花粉がまだ飛んでいない3月に入る頃から、寒暖の差だけでも鼻の症状(くしゃみ、鼻水、鼻つまり)が起こり始めます。この時期にはアスファルトが顔を出し始めますので、冬季間の泥や凍っていた秋の花粉、蓄積したデイーゼル車からの排気物(DEP =diesel exhaustive perticulates ) 、融雪の為に撒いた塩などが誘因かも知れません。シラカンバより前に、イチイやハンノキが少し飛び始めることもあります。予防的な薬物治療として、患者さんの症状にあった抗アレルギー剤を根雪がとける2または4週間前から投与し始めます。また、私の外来ではCO2 LASER による鼻粘膜の手術を開院以来、約400名の方に行なって良好な結果を得ています。鼻に麻酔のガーゼを入れ(局所麻酔)、ほとんど痛みもなく、10から15分で終わる外来でできる日帰り手術です。手術後、鼻の粘膜がおちつくまでに2から4週間ほどかかりますので、御希望の方は早めに御相談下さい。ひとりでも多くの患者さんが花粉飛散の季節を最小限の治療でさわやかに過ごすことができるように、きめこまやかにお手伝いをするのが、アレルギー専門医(アレルギー学会認定専門医)でもある私の使命です。
固定リンク | trackbacks(0)
<<夏のイネ科花粉症 | 花粉がとぶ春がやってくる その2 >>
ページトップへ