耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科 医療法人社団くまいクリニック
唾が飲めないほど、咽喉が痛いよー
 暑いのに、風邪をひいて咽喉が痛くなる事があります。唾も飲めないくらい痛くなるのは一大事です。高熱が出て咽喉が赤く腫れるだけではなく、片方の口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)と扁桃周囲が赤く腫れ、内側に飛び出していれば、急性扁桃炎から扁桃周囲炎になっています。さらに膿が溜まり扁桃周囲膿瘍になれば腫れたところを口の中から穿刺または切開して、排膿しなければなりません。強力な抗生物質の点滴や摂食不良であれば、入院治療が必要になります。また、見える範囲は腫れていないのに、高熱があり咽喉が痛くて唾も飲めない時には、咽喉の奥(下咽頭)の炎症や喉頭・気管へ嚥下物の流入を防ぐ役目の喉頭蓋の炎症(急性喉頭蓋炎)を考えなくてはいけません。診断には鼻からの内視鏡(ファイバースコープまたは電子スコープ)検査が必要です。周囲の発赤腫脹が強い時には喉頭や声帯の浮腫を併発し、声が変わり呼吸も苦しくなります。放置すると窒息することがあり、経口挿管による気道確保ができないため、緊急気管切開ができる耳鼻咽喉科専門医が常勤する病院で強力な抗生物質や腫れを抑える点滴を含めた入院治療が必要です。高熱で、唾も飲めない時には、速やかに耳鼻咽喉科へお出で下さい。
固定リンク | trackbacks(0)
<<春がすぐそこまで | 夏ばて、大丈夫? >>
ページトップへ